代謝アップ

0
    あっという間に季節が移り変わり、気がつけばもう師走も目前です。
     

    忘年会、クリスマス会、そして、年が明ければ新年会…
    楽しくも恐ろしいイベントが目白押しの季節です。
    この時期を無事に乗り切れるかどうか…どきどきされている方もいらっしゃると思います。
    私もひそかにどきどきしております。
     
    このシーズン、一度油断して贅肉をつけてしまうと、なかなか元の体重に戻すのが難しいのですよね…
     
    会食に行っても食べる量を自分でコントロール出来ればいいのですが、おつきあいもあって残すことが出来なかったり、お酒が入ると「まあ今日くらいはいいや!」という大盤振る舞いな気持ちになったり(余談ですが、私は困ったことに、お酒を飲んだ帰りにコンビニでアイスクリームを買って家で食べるのが好きなのです。こうして冷静に考えてみると、散々飲み食いした挙げ句にそんなことをするのは言語道断だと思えるのですが、そのときは「せっかくだから!」と、よく分からない高揚した気持ちでコンビニにいそいそと立ち寄ってしまうのです。)
     
    普段だったら、たくさん飲んだり食べたりした後は、数日かけて摂取カロリーを調整していけばそれほどのダメージにはならないのですが、日を空けずにたくさんの集まりがあるとそれもなかなか難しく。
    そもそも、美味しいものをたくさん食べるのって、癖、というか、習慣、というか、病み付きになるような気がします。実際に空腹を感じて食べたくなる、というより、脳が贅沢に慣れてどんどん空腹中枢を発動させてくる、というような感じで。
    ではどうしたらいいのでしょうか。
     
    体型は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れたときに維持できます。
    こうして書いてみると当たり前のことに感じますが、これが基本。
    摂取カロリーを減らすのが難しいなら、消費カロリーを増やせばいいのです。
    とはいえ、運動で実際に消費出来るカロリーは意外に少ないもの。
    例えば、体重50kgの人が100kcalを消費するのは、ウォーキングで23分、ジョギングで16分、縄跳び11分。
    私のさっきの話で考えますと、私がよく買うアイスクリームのカロリーが300kcalとしたら、ウォーキングだと69分、ジョギングだと48分、縄跳び33分…そう考えるとうかつにアイスを食べられなくなりますね
    もちろん運動することは大切です。
     
    でももう一つ忘れてはならないのが基礎代謝。
     
    基礎代謝とは、何もしないでじっとしているときに、身体が生命を維持するために必要とするエネルギーのこと。成人女性で約1200kcal、成人男性で約1500kcalと言われています。
    この基礎代謝は一日の消費カロリーの約70%と大きな割合を占めており、基礎代謝アップが消費カロリーアップにつながることは言うまでもありません。
    そして、基礎代謝の内訳を見てみると、筋肉が40~50%、内蔵が30~40%、脳が10~15%、心臓が5~10%。
    筋肉の役割が大きいことが分かります。
     
    ですから、筋肉量を増やせば基礎代謝が上がり、消費カロリーが増えて太りにくい身体になるのです。
    いつもしている運動の助けとなるうような筋肉を適切に鍛えれば、動くのが楽になって身体を動かすのが楽しみになり、よりいっそう運動頻度が増える、ということも起こるかもしれませんね
     
    どうかご自分に合った筋トレを探してみて下さい
     
    それでは皆様、(食べ過ぎにはすこし気をつけつつ)楽しい師走をお過ごし下さい

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    profile.jpg

    最近の記事

    過去の記事

    recent comment

    その他

    携帯版

    qrcode